スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悩み、尽きず・・・

20110916

なんだかんだと長男のことは

私もやはり初めてのことなので

心配も多いのですが、

今一番気になるのが次男。

景色

まだ4歳。

もう4歳。

ほぼ、自分のことは自分でできるお兄ちゃんがいて、

赤ちゃんのようで赤ちゃんを卒業しそうな弟がいて。

真ん中っていうのは、どういう気持ちなんでしょうね。



次男と私はどうにもこうにも

ぶつかり合ってしまします。


次男はまったく人の話を聞きません。

長男の4歳のときの比じゃありません。

近くで怒鳴って呼んでも何かに夢中だと顔を向けることすらしない!

耳が悪いんじゃないか?と心配になるときすらあります。

(先日検査があったけど、特に問題はなく・・・)

自分の興味のあることには一直線。

これは長所として伸ばせる部分もきっとあるんでしょうね。

でも、はっきりいって団体生活ができませんっ。

先生もかなり苦労されてる様子・・・。



そして、今、甘えがすごい。

甘えてきたら甘えさせてあげればいいじゃない・・・と思います。

できるときは甘えさせてあげます。

でも、

実際の生活をしてて、

長男の勉強を見てたり、三男の世話に追われているときなど、

『なぜ今~・・・・(涙)』

という時の甘え。

兄弟海

すごく次男に試されてるなって思うことが多いです。

ママはどこまでボクをみてるの?

どこまで許してくれるの?

ボクは大事?

ボクが好き?

そういう気持ちを痛いほど感じるのに、

全部、次男が求めている時に返せない。

伝えてあげられない。

時間に追われ、イッパイイッパイの時には

正直、イラっとしてしまうこともあります。

もうもう、ぐぐぐーーーーっとこらえます。

腹に力を入れて、ぐうううううううっと!!!

でも顔には出てるんでしょうね。


そのたびに大反省です。


手が足りない!!

もう一人私がいたらなあ・・・。


兄弟次男

最近、朝、幼稚園に元気に行きません。

「行きたくないー」

とそばを離れず、先生にひっぺがされるような形で登園。

園の中に入ってしまえば普段どおりのようですが・・・。


愛情が足りてないんだろうか。

今という時間は絶対に戻ってこないのに。

それとも時間が解決するんだろうか。

私の努力が足りないんだろうか。

兄弟海2


昨日は夜中の1時半くらいから

どうしたもんかねー。

どうしたもんかなー。

と布団の中で悶々としてました。


悩んで答えがでるものでもなく。


とにかく

私は深呼吸でもして、

毎日の生活にキリキリしないように・・・。

心をもっとゆる~くしてられるように・・・。


次男が心のボールを打ってきたら

毎回、打ち返せるくらいの余裕をちゃんと持ってなくちゃ。


きっと、今、次男へ打ち返せてないボールが

私の周りにゴロゴロしてるんです。




スポンサーサイト

コメント

あぁだから3人兄弟の真ん中って一番自立心が強いんだ・・・と読んでて正直そう思いました。
うちは2人で、下が女の子だけど、多分次男くんタイプです。
彼女には手こずるし、すごく甘えん坊だし、愛情確認が息子の足元にも及ばないくらい強いんですよ。
三男くんもいて大変でしょうけど、次男くんはきっと大丈夫。
優しいお兄ちゃんがいて、じゅあもんママさんがいて、そして兄貴なんだもん。

上の子と、一番下の子は
それぞれの立場しかないけれど・・・
真ん中の子は、上でもあり、下でもあり、2つの立場を持つ・・・。
だから、色々と感じる事、思う事があるのかもしれませんね。

ママさんの愛情が足りないわけじゃないし
努力が足りないわけでもないと、私は思いますよ^^
ひとりひとりに100%の愛情を返したくても
やはり・・・それは難しい事だと思うので・・・。
多分、ママが3人(子供の数だけ)居ても
子供は全員を独り占めしたいと思うのかもしれないし^^;

きっときっと、乗り越えていきますよ。
次男君は^^
だって、こんなに愛してくれてるママや家族が
傍にいるんですもの♪









非公開コメント
プロフィール

じゅあもん

Author:じゅあもん
男の子3人の母です♪
子供の成長やら日記やら・・・気が向いたときに更新してます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
LINK
旧ブログからのリンクを貼らせていただいてます
訪問者数

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。